女性差別の事例



* 男女の賃金差を生む一部の要因として、女性差別があると言われている。

2007年の男性一般労働者の給与水準を100とした場合、女性一般労働者の給与水準は66.9となっている。この賃金差を生み出す要因(括弧内はその要因によって生み出される賃金差)として、2003年の時点では、職階(10.9)、勤続年数(5.6)、産業(2.5)、年齢(2.0)、学歴(1.9)、労働時間(0.8)、企業規模(0.6)が挙げられている。2005年の段階で、雇用形態の違いによっても10ポイント以上の賃金差が生み出されている。これらの全ての要因を標準化した場合、女性の給与水準は90程度になると推定される。残りの賃金差は、職種の違いとコース別雇用(総合職か一般職か)が大きな要因とされている。 これらの要因の中で職階差については、女性の離職率が高いなどを理由にしたジェンダーバイアスによる昇進機会の不平等の存在が指摘されている。職階によって生み出される賃金差が10.9ポイントであることから、昇進機会の不平等によって生み出される賃金差は数ポイント程度と推定される。 賃金差を生むその他の要因には、業務の難易度や手当の違いが挙げられている。家族手当や住宅手当などの生活手当は一般的に世帯主に支給され、世帯主従業員のほとんどは男性である。

* 女性であることを理由とした、管理職への非登用が存在する。このような女性であるために管理職等上級職へ昇進できないことを、グラスシーリングと呼ぶ。
* 一見すると性差別ではないものの、体力や、身長・体重などを条件とすることによって、結果的に片方の性を差別することになる間接差別の存在も指摘されており、2007年4月施行の改正男女雇用機会均等法によって、間接差別は禁止されることになった。
* 日本の裁判官(特にキャリアの長い年配の裁判官)は圧倒的に男性が多いことから、裁判で扱われる女性の労働事件(人事処遇や解雇)において、女性労働者の立場を汲んだ判断がされているかどうか不安があるとの意見がある。 * 出産を契機とした退職

上述の裁判所による判例、また1986年に施行された男女雇用機会均等法により、結婚・妊娠・出産退職制は禁止されている。しかし、慣行としては結婚・出産によって退職しなければならないという差別が一部で残っており、全産業の約2割でこういった慣行があると指摘する調査がある。退職トラブルへ行政機関が関わる件数も増加している。退職ですらこういった状況で、退職まではいかない意に沿わない処遇はもっと多いだろうと推測する意見がある。

『ウィキペディア(Wikipedia)』参照


  ゴンザレス15球降板 巨人連敗



この日越智に代わって1軍に合流した3番手の福田が踏ん張ったが、2回までの4失点が重くのしかかった。

【写真で見る】降板するゴンザレスを見つめる原監督

 突然の出来事に、左翼席に詰めかけたG党が沈黙した。

 打線は中日・吉見をとらえきれず、二回に3連打で1点を挙げたものの、三回以降は打線がつながらなかった。急きょ登板した2番手・小野が打ち込まれた。その後も投手の吉見に四球を出すなど制球は最後まで安定せず、結局1/3を4安打3失点でマウンドを後にした。先頭の井端に右前打、続く平田に左翼席への2ランを浴びた。

 試合前には状態の良さをアピールしたゴンザレスだが、二回の打撃の際に、左脇腹に痛みを感じたため大事を取って降板。二回、一度はマウンドに上がった先発のゴンザレスが首をかしげる。(セ・リーグ、中日4−1巨人、6回戦、巨人3勝2敗1分、19日、ナゴヤドーム)巨人は中日先発の吉見を打ち崩せず連敗した。ブルペンでの投球が足りず、準備不足は否めない。